海外での子育て、子連れ海外旅行、海外留学、海外移住、世界各国のおすすめ観光スポットやレストランなど、海外に関するお役立ち情報サイト。ときどき趣味の美容やダイエットのこと。

もろGLOBAL LIFE。

海外留学

アメリカ留学。失敗しない3つのポイント。

更新日:

みなさん、こんにちは☺︎これから英語を学ぶためにアメリカ留学を考えているみなさんは今、期待と不安で胸がいっぱいになっているかと思います。何がきっかけであれ、チャレンジしてマイナスになる事なんて一つもありません。ぜひ自信を持って前に一歩進んでください。

十数年前におくったアメリカでのキャンパスライフは毎日が新しいことへの挑戦で、私自身にとっても一生忘れられない貴重な経験となりました。ただ楽しかった記憶と共に、私はこれまでに沢山の方がアメリカ留学へ行った本来の目的を忘れ、目的を達成できずに挫折をして帰国したケースを幾度となく見てきたのも事実です。10年、20年アメリカにいるのに英語が全く上達しない人、1年で日常会話ならずビジネス英語が喋れるようになる人、さまざなま人がいますが、この違いって何だと思いますか☺︎?ここでは、アメリカ留学で失敗にしないポイントを大きく3つに分けて書いています。留学を検討されている方は、ぜひ参考にして頂ければ嬉しいです。

スポンサーリンク

POINT1 留学先。都心or田舎?

留学する際にまず考えるのは留学先だと思います。日本人に人気なのは、ロサンゼルス(LA)、ニューヨーク(NY)、サンフランシスコ、シカゴなどの誰もが知る都心です。もちろん、響きはかっこいい…アメリカのリアリティ番組やドラマの舞台になるのは大抵が都心の華やかな世界です。ただ、こういう都心にこそ落とし穴があります。その落とし穴とは、日本人が多いということ。外国において日本人が多い環境というのはメリットとデメリットがあります。まずメリットとして、見知らぬ土地でも友人を作りやすい。和食レストランや日本食スーパーが豊富。などがあげられます。それに対して、最大のデメリットは誘惑が多いということです。例えば、日本人の多い都心へ行ってしまうと、日本人コミュニティに自分の居場所を見つけてしまい、せっかく留学したのに日本人とばかり遊んでいた結果、英語が全く上達しなかったというケースは珍しくありません。

海外ではアメリカに限らず、必ず日本人コミュニティというものがあります。現地で知り合った日本人の方々の集まりです。一緒に何かのイベントに参加をしたり、飲み会を開催したり...日本ではなくアメリカという土地で出会ったからこそお互いに共感を抱きやすく、短期間でぐーんと仲も縮まります。もちろん田舎の地域へ行っても日本人コミュニティというものは存在します。ただ、日本人が少なければ少ないほど避けやすくはなります。英語が上達するKEYは、いかに日本人との付き合いにのめり込まずに外国人と一緒の時間を過ごすか。だと私は考えています。

POINT2 住まい。ホームステイ?寮?一人暮らし?

短期間の留学(1年未満)においては、その間いかに英語と接する環境を作るかが英語を上達する上でのKEYとなってきます。その点、ホームステイもしくは寮での暮らしは必ず周りに外国人がいる環境を自然と作ることができるのでおすすめです。ここで各滞在先(住まい)のメリットとデメリットをみていきましょう。

  メリット デメリット
ホームステイ

・日常生活で使う言葉や文化、習慣を自然と学ぶことができる

・温かく歓迎してくれる人達が自然とできる

・暮らし/食が合わない

・自由に行動ができない

・出会いの場がある

・現地の学生生活を経験しながら、自然に学ぶことができる

・ルームメイトと合わない

・プライバシーがない

一人暮らし

・ストレスフリー

・頼れる人がいない分、自立する

・引きこもりがちになる

・長期契約が必要

個人的におすすめなのは、ホームステイです。ホームステイとは留学生がその国の一般家庭の一員となり、家族として生活を共にすることを言います。留学生を受け入れてくれるホームステイ先の家族のことをホストファミリーといいますが、現地の運営団体の規定に基づいて留学生を受け入れるのに適切と判断された家庭です。外国人に対して理解のある方ばかりなので、温かく迎え入れてもらえることが期待できます。現地で何かあったときに頼れる人がいるというのは気持ち的にもとても心強いです。また、仮にホストファミリーとの相性が合わなかったとしても、いつでも引っ越すことが可能なので、数ヶ月暮らしをともにしてから一人暮らしをするという選択もできます。

寮に関しては、ある程度英語が喋られるようになったら楽しめると思います。ルームメイトにもよりますが、アメリカ人の学生は外国人の世話をしてくれるほど面倒見はよくありません。また、日本にも方言があるようにアメリカにも出身地によって言葉の訛りがあります。同じアメリカ出身でも、喋るスピードや言葉の訛りによっては相手が何を言っているのかわからないなんて事はざらではありません。いきなり飛び込むアメリカンな世界に戸惑うことの方が多いかと思います。ただ、自分の居場所さえ見つけてしまえばスクールライフは一気に充実します。辞書にはのっていないような言葉の使いまわしだったり、スラング(俗語)を知らず知らずのうちに覚えたり、現地でしかできない経験を積むことで大きく成長できる場ではあります。

POINT3 目標を決める。何のための留学?

アメリカ留学において失敗しない3つ目のポイントは目標を決めてその目標を達成する為に強い意志をもつことです。始めは強い野望や好奇心に燃えていた感情も、いざ住んでみてその環境に慣れてくると、本来の目的を忘れがちになってきます。そんなときに自分は何のために留学をしたのか?留学の目的や目標を改めて振り返る機会を1か月に1度だったり、自分で決めておくのも良いかもしれません。

まとめ

せっかくのアメリカ留学。後悔だけはしてほしくないなという思いで、失敗しないポイントを3つにまとめてみました。大切なのは自分の意志をしっかり持ち、周りに流されないことです。留学中に日本人と付き合うな!ということではありません。同じ言語を喋る人が周りにいるというのはそれだけでも安心します。相談相手ができればそれはそれで素晴らしいです。ただ、もし日本人とお付き合いするのであれば、同じ数だけ外国人の友人も作ってください。英語をいち早く上達させるには、現地で外国人の友人を作ることです。これからアメリカ留学を考えている全てのみなさんが素敵な留学生活を送れますように…。

With full of love☺︎

スポンサーリンク

著者プロフィール

SAORIライター/ライフスタイルインフルエンサー
海外生活15年目に突入◡̈⃝⋆*.
LIVED韓国(釜山在住)♡アメリカ♡日本♡中国
TRAVELED✈︎世界12ヶ国/アメリカ30州/日本16都道府県
LOVE fashion, traveling&gourmet\(◡̈)/♥︎.
子連れ旅ブロガー♡ ¨̮⑅*

-海外留学
-, , ,

Copyright© もろGLOBAL LIFE。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.