海外での子育て、子連れ海外旅行、海外留学、海外移住、世界各国のおすすめ観光スポットやレストランなど、海外に関するお役立ち情報サイト。ときどき趣味の美容やダイエットのこと。

もろGLOBAL LIFE。

セブ島/マクタン島 ハワイ ベトナム 海外旅行

子連れで行く初めての海外旅行。おすすめ3大リゾート✮✭✯

更新日:

初めての子連れ旅行は何かと不安が伴うものです。そもそも子供って何歳から飛行機に乗れるんだろう?そんな事をふと考える方も少なくないと思います。ここではそういった素朴な疑問も踏まえ、海外旅行先を選ぶコツと初めて子連れで行く海外旅行におすすめな3大リゾートをご紹介したいと思います。

STEP1. 子供は何歳から飛行機に乗れる?

国内線・国際線で代表的な航空会社の規定を調べてみたところ、ほとんどの航空会社が生後8日以降であれば搭乗が可能ということです。詳細は下記表をご確認ください。

JAL 生後8日以降可。
ANA 生後8日以降可。
JET STAR 生後3日以降可(生後7日以内の新生児は医師の診断書(メディカルクリアランス)が必要)。
PEACH 生後8日以降可。
DELTA 生後9日以降可。
HAWAIIAN AIRLINES 年齢制限なし(生後7日未満の新生児は旅行を許可する医師の書面が必要)。

 

STEP2. 旅行先はどうやって決めたら良いの?

初めての海外旅行ともなると、行き先に関しても悩みどころです。近場?リゾート?何処でも良いからとにかくリフレッシュしたい!そういうのもありですよね☺︎海外といえども、広ーい世界なので選択肢がありすぎてしまうのも困りもの。そこで初めての海外旅行先を決めるにあたって私から少しだけアドバイスをさせて下さい。

TIP1. 直行便で行ける場所

ただでさえ不安な初めての子連れ海外旅行。大切なのは不安要素をいかに取り除くかです!乗り継ぎのあるフライトは大人でも疲れるので子供なら尚更負担がかかります。双方にとって快適な空の旅を目指しましょう。

TIP2. 医療施設の整った場所

旅行先では何が起こるか分かりません。特に新生児や幼児をお連れの方は、旅先にちゃんとした病院がある場所を選ぶことをおすすめします。現地で病院へ行き、膨大な医療費を取られたというケースも少なくないので、旅行前に海外傷病者保険に入ることも視野に入れておいて下さい!

 TIP3. 大人も子供も楽しめる場所

何を目的に海外旅行へ行きたいかにも寄って行先は大幅に異なります。リゾートでのんびり?歴史ある街で遺産巡り?都心でショッピング?グルメ大国で食巡り?絶対に欠かせないものは何ですか?なんとなくアイディアが浮かんで来たら、現地の情報をSNSで調べてみるのもよいかもしれません☺︎子連れでも楽しめそうな場所があるのか。子連れでも参加できるアクティビティやツアーはどういうものがあるのか。等々。

STEP3. おすすめ3大リゾートはここ!

スポンサーリンク

ハワイ、オアフ島(アメリカ合衆国)


ハワイをお勧めする理由は多々ありますが、その内の何点かをあげていきたいと思います。

☑︎日本語が通じる場所が多いので何かあっても安心

☑︎海と山が同時に楽しめる

☑︎のんびりリラックスしながら同時にショッピングも楽しめる

☑︎食に困らない(和食、中華、イタリアン、メキシカンなど世界各国のレストランが豊富)

☑︎大人と子供が一緒に楽しめるアクティビティが豊富

☑︎海がきれい

ワイキキビーチ☺︎

ハワイはヤシの木が溢れる街並みをお散歩するだけでリゾートを感じられる場所です。ワイキキ周辺は中心街とビーチが隣り合わせなのも魅力的!

Goofy Cafe&Dine☺︎

お子様の食べ物に困ることもありません。欧米人は香辛料が元々得意ではないので、シンプルに味付けをされている料理が必ずメニューの選択肢にあります。アメリカンなファストフードが苦手な方もラーメンやお寿司、海鮮などの和食を中心に食べることが可能です。

Kualoa Ranch☺︎映画Jurrasic Worldのロケ地。

オアフ島はハワイを代表する名所が沢山あります。美しい海を目の前にぼーっとするのも良いですし、1-2日は車をレンタルしたりツアーに参加したりして、普段体験できないアクティビティを楽しむのもおすすめです。

カイルアビーチ☺︎

オアフ島内でも一押しのビーチは、息を呑むほど美しいコオリナビーチ!周りに山がないため、一年中天候が崩れることがほとんど無いそうです。

コオリナビーチ☺︎

真っ白い砂浜、エメラルドグリーンの海、目の前に沈む夕陽…etc.

この美しい光景を見ていると、日頃の疲れやストレス全てがスーッと吸い取られていくような不思議な感覚に陥ります。


ダナン(ベトナム)

ダナンをお勧めする理由はこちら。

☑︎海と歴史が同時に楽しめる

☑︎ビーチ以外の見どころが多い

☑︎日本から近い(約5時間)

☑︎物価が安い

☑︎食が美味しい

☑︎治安が良い

ダナンは私が最も理想とする、リゾートと歴史を同時に楽しめる街です。まだ開発中の新しいリゾートでもあるので、外国人観光客も少なめです。

ミーケビーチ☺︎

ダナンのビーチはホワイトサンズ「白い砂」というサラサラとした砂浜が特徴的です。午前6時前後には沢山の方が朝日を横目にウォーキングを楽しんでいます。

太陽から真っ直ぐ伸びる光の筋☺︎

ダナンの町並みは歴史的建造物に溢れていて、ぶらりとお散歩しながらローカルな雰囲気を楽しむのにはもってこいの場所です。

ダナン大聖堂☺︎

街中にはおしゃれで美味しいレストランもいっぱい!

MADAME LAN☺︎

ダナンへ行ったらぜひ訪れて頂きたい世界遺産が2ヶ所あります☺︎

1. ミーソン遺跡

2. ホイアン

❁ミーソン遺跡❁

ダナンから車で約一時間の場所にあります。歴史と戦争の重みを感じる神秘的な遺跡。一歩足を踏み入れると、その迫力にただただ圧倒されます。

広大な敷地にはまだまだ発掘されていない遺跡も残っていると言われているそう。以前ネットで「ドラクエの世界」と書かれていた記事をお見かけましたが、まさにそんなイメージです!

❁ホイアン❁

街全体が世界文化遺産に登録されている、美しい町ホイアン。カラフルなランタン、可愛いらしい雑貨屋さんやカフェ、ベトナム紙幣にも記載されている日本橋、川沿いに佇むレストランやノスタルジックな建物…足を踏み入れた瞬間から心を奪われます。

シクロに乗って世界遺産を散策☺︎

夕方からランタンの灯る夜にかけて行くのがおすすめです。どこも観光客で賑わっていますが、この町ではどこか穏やかな時間が流れていてとても心地よく過ごせます。

街のいたるところにあるカラフルなランタン☺︎

ダナンのおすすめリゾートホテルはこちら。

❁Pullman Danang Beach Resort❁

ミーケビーチの目の前に佇むホテルで、ホテル周辺には徒歩で行ける評判の美味しいレストランが多数ありました。キッズフレンドリーなのに大人の空間が楽しめるのも魅力的です。


セブ島/マクタン島(フィリピン)


セブ島/マクタン島をお勧めする理由はこちら。

☑︎日本から近い(最短で約4-5時間)

☑︎時差が1時間しかない

☑︎観光客が比較的少ない

☑︎キッズフレンドリーな遊具付きのホテルが豊富

☑︎海がきれい

☑︎日帰りで最寄りの島へのツアーが可能

☑︎物価が安い

Crimson Resort and Spa, Mactan☺︎

セブ島/マクタン島は家族でゆっくりリゾートライフを過ごしたい方におすすめしています。その上でも重要なのがホテル選び!私が実際に行って、とっても良かったおすすめのリゾートホテルをご紹介したい思います☺︎

❁Crimson Resort and Spa, Mactan❁

低層のプライベートヴィラやコテージが並ぶ敷地内はとても広々としていて優雅なリゾート気分を存分に楽しめます。


海と一体化しているインフィニティプールは、エントランスからボケーッと眺めたり、実際に入って楽しんだり…これだけでも海外に来た甲斐があったと思わせてくれます。また、インフィニティプールは年齢制限があるところが多いですが、こちらのホテルはすべてのプールにおいて子連れOKなので、敷地内は何処でも心置きなく楽しめます!

インフィニティプール☺︎

しかし、やっぱり他の人の目線が気になるという方!全く問題ありません☺︎クリムゾンの素晴らしいところは、子供用のプレイゾーン「Crimzone」がとっても充実している点なんです。

Crimzone内のプール☺︎

当時2歳だった娘が思いっきりプール内を走り回れる浅瀬のエリアも。

プール内には子供用遊具が沢山☺︎

室内プレイエリアも、プレイジムの他にトランポリン、映画ブース、赤ちゃん向けのスペース、お絵かきスペースなどなど…今まで訪れたホテルのどこよりも充実していました☺︎

日替わりで行われている施設内のアクティビティも豊富で、大人も子供も最高に楽しめるリゾートです。

ホテルから無料でシャトルバスが出ている、アヤラモールもおすすめです!

セブ島の魅力の一つは、周辺にある島にもアクセスがしやすいところです。中でもおすすめは、ボホール島への1日ツアー☺︎

❁チョコレート・ヒルズ❁

乾季には丘の色が茶色になります☺︎

360度見渡す限り広がるこの景色は圧巻です!

❁ターシャ❁

世界最小のメガネザル。まん丸な大きな目に体長12cmに満たないと言われている小さな体。ストレスがたまると自らの頭を気にぶつけたりして自殺を図ろうとするのだとか。観察するときはカメラのシャッター音などを消してそーっと見守ってあげて下さい。

セブ島随一のロマンチックな雰囲気を楽しめる、予約必須のおすすめレストランはこちら。

❁abaca restaurant❁

高級リゾートホテル「Abacaホテル」の中にあるレストラン。こちらでは地中海料理を頂けます。

どのお料理も舌がとろけそうになるくらい絶品。ベビーチェアも予め用意されていたり、スタッフさんの気配りも抜群で、子連れでもとても居心地よく過ごせました。


まとめ

初めての子連れ海外旅行は心身共にリラックス出来るリゾートがぜひおすすめです。美味しいものを沢山食べて、美味しい空気を沢山吸って、美しい景色をボケーっと眺めて、日頃の疲れをとことん癒してください。

Have a safe trip☺︎!

スポンサーリンク

 

著者プロフィール

SAORIライター/ライフスタイルインフルエンサー
海外生活15年目に突入◡̈⃝⋆*.
LIVED韓国(釜山在住)♡アメリカ♡日本♡中国
TRAVELED✈︎世界12ヶ国/アメリカ30州/日本16都道府県
LOVE fashion, traveling&gourmet\(◡̈)/♥︎.
子連れ旅ブロガー♡ ¨̮⑅*

-セブ島/マクタン島, ハワイ, ベトナム, 海外旅行
-, , , , , ,

Copyright© もろGLOBAL LIFE。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.