海外での子育て、子連れ海外旅行、海外留学、海外移住、世界各国のおすすめ観光スポットやレストランなど、海外に関するお役立ち情報サイト。ときどき趣味の美容やダイエットのこと。

もろGLOBAL LIFE。

アメリカ生活 中国生活(上海) 海外生活 海外赴任 韓国生活 駐在妻

現役駐在妻が教える、駐在生活を楽しむ3つのポイント✮✭✯

投稿日:

「海外駐在」や「駐在妻」という言葉は良くも悪くも、人によって様々なイメージがあります。元々いた心地よい自分の居場所を離れて新しい地に足を踏み入れる事は、期待と同時に不安も生じますし、想像していた世界と現実は多少なりとも異なります。言語も地理も分からない、周りには信頼できる友人や家族もいない、そんな異国の地で一から始める生活は「ストレスを抱えないで!」という方が無理があります。しかし、この「駐在ライフ」はみなさんにとって大きなチャンスだと私は信じています。この記事では、私が実際に行っている駐在生活を楽しむ上で最も重視している3つのポイントをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新しいことを始めてみる

駐在生活は自らをリセットする良い機会でもあります。例えば、生活習慣を見直したり、健康面について考えてみたり、家の要らないものを断捨離したり。普段の生活ではついおろそかになってしまっていた事を敢えてやってみると、気分がリフレッシュして清々しい気持ちで新しい一歩を踏み出せます。

駐在妻として旦那様に帯同される場合は、ビザの関係でほとんどの方がお仕事を休職もしくは退職され、専業主婦として渡航されています。その為、引っ越しをしたらこれまで以上に時間に余裕が出来ます。これは自分の為に時間を費やせる絶好のチャンスだと捉えてください!これまでにやってみたいなと思っていたことを「時間に余裕がなかった」「金銭的に余裕がなかった」などの理由で何となく諦めていたことはありませんか?駐在生活は大人になってから訪れる、何か新しいことを始めるきっかけでもあるのです。今まで予想すら出来なかった自分の新たな一面が発見できることもあります。

 習い事を始める

新しいことを身に着けることは自らの自信にも繋がります。日本人が多く駐在するエリアは習い事の宝庫とも言えます。語学やスポーツ以外にも、料理教室、アイシングクッキー、フラワーアレンジメント、アート、習字など大人の為の習い事が沢山あります。また、駐在妻として夫に連れ添って海外に渡航された、才能溢れる元講師の駐妻の方々が趣味程度に行っているレッスンも多々あるので、そういった場合は比較的リーズナブルなお値段でレッスンを受ける事が出来ます。

SNSを始める

せっかく新天地にいるのですから、ブログ、インスタグラム、フェイスブックなどのSNSを始めてみるのもおすすめです。こういったSNSにはメリットとデメリットがあります。SNSを始めるのに抵抗がある方は誰かのブログだったり、SNSの投稿を見たり、読んだりすることから始めてみても良いかもしれません。

メリット

SNSを始める一番のメリットは、情報を得ることです。例えば、インスタグラムではハッシュタグという機能がついており、自分の興味のあるキーワード検索をもとに他人の投稿を見ることが出来ます。ハッシュタグを辿ってたどり着いた投稿ページは、「最新の投稿」と「人気の投稿」と2手に分かれており、誰かがそのハッシュタグを使った投稿をアップするたびに、内容はアップデートされていきます。つまり、右も左も分からないような異国の地へ行ってもインスタグラムのハッシュタグ機能で「#○○レストラン」「#○○カフェ」といったワードを調べるだけでそのエリア周辺の人気レストランやおしゃれカフェの情報をリアルタイムで知ることが出来るのです。ガイドブックなどは編集の関係でどうしてもタイムラグが出てしまい、「実際に行ってみたら移転していた」「既に閉店していた」ということも十分に起こり得るので、そう言った意味でも最新の情報を得られるSNSの存在は大きいです。

また、SNSをやっているとSNSを通して気の合う知り合いが出来たり、自宅周辺で行われているコミュニティ活動に参加したりと、何かと出会いのチャンスが訪れます。シャイだったり人付き合いが苦手な方はSNSで気が合いそうな方をフォローして、自己紹介→メッセージのやり取りを何度か交わした後に実際に会ってみると少しは緊張が解れるかと思います。

デメリット

SNSのデメリットは、見たくないものが見えてしまいモヤモヤする場合があることです。SNSを利用する方の用途は様々です。普段の生活を日記代わりに記録する方、愚痴やストレス発散のはけ口に利用する方、自らはあまり投稿はせず情報集めの為に「見る専門」の方、第三者の為を思い現地情報を提供をしている方。どちらにしろ、他人の投稿を見るということはその人の生活の一部を見るということに繋がってくるので、仮に友達が出来たときにお互いのSNSを交換→投稿内容を見たときにその友人が誰とどんな交流があるのか、普段どんな生活を送っているのか、これまで知り得なかった情報を不意に知ってしまう事があります。

もし他人の情報を見て、自己嫌悪になったり落ち込んだりする事があれば、いつだってSNSと距離をおくことは可能です。自分自身の投稿をどこまでオープンにするのか、インスタグラム、フェイスブックでは誰(ネット上の人、家族、友人)と繋がりたいのかなど、ある程度自分のビジョンを固めてからSNSを始めることをおすすめします。

 

その土地を好きになる

駐在生活を楽しむために必要不可欠なのは、その土地を好きになることです。

FOOD

駐在先の土地を好きになる為にまず必要なことは、「食」を知ることだと私は考えています。食べ物には人を幸せな気持ちにさせてくれる力があります。

「食べる力」には、食事を通じて「心と身体の健康を維持できる事」、「食事の重要性や楽しさを理解すること」、「食べ物を自分で選択し、食事づくりができること」、「家族や仲間と一緒に食べる楽しみを味わうこと」、「食べ物の生産過程を知り、感謝する気持ちを持つこと」などが含まれます。

まずは自宅周辺のカフェやレストラン巡りから始めてみるのもよいでしょう。その土地の特産品や郷土料理を知り、自分の好きなもの探しをします。「好き」と感じるものが多ければ多いほどその土地を魅力的に感じられます。お気に入りのスーパーやディスカウントストアを見つけて、自分の暮らしの一部にすることでその土地に親近感を湧くようになります。

おいしい食材を手に入れる事が出来れば、自宅での料理も楽しくなります。私が駐在先で家庭料理を作るときに日々意識しているのは、「外食ではあまり食べられないもの」をつくることです。頑張りすぎる必要は一切ありません。例えば、お味噌汁の具材を季節ごとに旬のものに変えてみたり、肉じゃが、きんぴらごぼう、佃煮などどこか懐かしいなと感じるようなおかずを一品添えてみたり。料理が苦手な方は、料理研究家の土井善晴さんが提案する「一汁一菜(ごはんを中心として、汁(味噌汁)と菜(おかず)それぞれ1品を合わせた和食の原点ともいえる食スタイル)」をぜひご参照ください。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一汁一菜でよいという提案 [ 土井善晴 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/12/2時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

土井家の「一生もん」2品献立 (講談社のお料理BOOK) [ 土井 善晴 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2019/12/2時点)

 

CULTURE

異文化に触れるという事は、今まで想像すらしてこなかった世界を垣間見る良い機会にもなります。もちろん、慣れない風習や文化に触れて初めは戸惑うことが多いかもしれません。しかし、積極的に文化や言語の違いに向き合っていくことで、その土地を知る大きなヒントが得られます。

その土地に移り住むということは、ガイドブックや「おすすめの観光スポット10選!」などの記事には載っていないような、その土地の日常に出会えます。市民が早朝に集まる公園、地元の人に人気のアットホームなカフェやレストラン、時間とともに変化する街並みと変わらない風景...こんな日常の中で少しづつその土地の魅力を見つけられたら、たくさんの「好き」に繋がるかと思います。

目標を作る

目標を持つことは自身のモチベーションを上げるために非常に大切なことです。これからどういった駐在生活を送りたいか、どんな風に自分の時間を使いたいかなど、自分の理想の生活スタイルを思い描き、それを達成する為にどのようなことが出来るのかを紙にザッと書き出してみるのも良いかもしれません。

そもそも目標ってどういう風に立てればよいのか分からないという方。深く考える必要はありません。例えばダイエットをして痩せたいと思っている方は「お菓子は1日に1個にする」「毎日スクワットを20回やる」「週に1度はジムに通う」というのを目標にしたり、語学を勉強している方は「毎日新しい単語を1つ覚える」「現地の友人を作る」「週に2回レッスンを受ける」など自分がやりたいことに関連付けて目標を考えるとスムーズなアイディアが浮かんできます。ここで大事なのは、いきなりハードルの高い目標を設定するのではなく、自分自身がやり遂げられそうな目標から設定することです。

ちなみに参考までに、私自身が駐在生活をおくる上で考えた目標は:

・現地出身の友人を作る

・1日に1回、自分の為だけの時間を作る

・自分の時間を楽しむ

の3点です。

はい。目標というのはこんな事でも良いのです。

私はよくスケジュールを詰めすぎてしまい、一息つくのを忘れてしまう傾向があるので、「1日に1回、自分の為だけの時間を作る」ことは自分が知らぬ間にストレスアウトしてしまわないようにと考えた目標でもあります。

現地出身の友人を作る点においては、お互いにとってウィンウィンな関係を築ける相手が見つかるととても心強いです。お互いの言語や文化を教え合ったり、一緒の時間を同じ土地で過ごすことで、例え数年のお付き合いだったとしても、一生お付き合いできるかけがえのない友人になり得ます。

「自分の時間を楽しむ」ことは、正直、駐在生活を始める前から私自身が心掛けていることなのでその延長線です。周りを幸せにしたいなら、まずは自分が幸せになること。人から愛されたいなら、まずは自分が誰かを愛すること。子供が笑顔でいるためには、まずは自分が笑顔になること。人は満たされていると、見える世界が180度変わってきます。他人にも自然と優しくなれるし、物事に対しておおらかな気持ちで接すれるようになれます。そういった意味では、気持ち的な余裕が生まれるのも、自分の日常生活が好きだなと感じたり、目標を達するうえでの生活リズムがきちんと取れ始めたときのような気がします。

まとめ

この記事では、駐在生活を楽しむための3つのポイントをご紹介させて頂きました。これらのポイントが何かしらのヒントになり、みなさんの笑顔に繋がりますように...☺︎

スポンサーリンク

著者プロフィール

SAORIライター/ライフスタイルインフルエンサー
海外生活15年目に突入◡̈⃝⋆*.
LIVED韓国(釜山在住)♡アメリカ♡日本♡中国
TRAVELED✈︎世界12ヶ国/アメリカ30州/日本16都道府県
LOVE fashion, traveling&gourmet\(◡̈)/♥︎.
子連れ旅ブロガー♡ ¨̮⑅*

-アメリカ生活, 中国生活(上海), 海外生活, 海外赴任, 韓国生活, 駐在妻
-, , , , , , ,

Copyright© もろGLOBAL LIFE。 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.